フィナステリドが一番効く訳

男性の薄毛や脱毛に効果があるとされている成分には、ミノキシジルを挙げることができます。
これはもともとは医療現場で使用されていた成分で、血管を拡張し血流を促進させる効果があります。
頭皮に血行不良が発生していると、毛母細胞に栄養が届きにくくなります。すると毛母細胞の分裂が不活性化してしまうため発毛や育毛が起こりにくくなり、頭髪トラブルが起こりやすくなってしまいます。
そこにミノキシジルを利用すれば、血行不良を改善できるために毛母細胞に栄養を届けることができ、頭髪トラブルの解消が期待できると言うわけです。
ただし男性の薄毛、脱毛が発生する原因は、血行不良だけとは限りません。
たとえばAGAと呼ばれる症状の場合には、血行不良が関係していないことも非常に多いです。
この場合、その原因となっているのは男性ホルモンと、それを発毛阻害物質に変換してしまう特定酵素の存在です。
ですからミノキシジルで血管を拡張させても、症状の改善につながらないことも多いのです。
ではこの場合に有効な成分は何なのかと言うと、その答えがフィナステリドとなります。
フィナステリドも、やはりミノキシジルと同様、もともとは医療現場で使用されていた成分です。
こちらは前立腺疾患の治療において使用されていた成分であり、作用としては男性ホルモンと特定酵素に働きかけるものを持っています。
ですから男性の薄毛や脱毛が、血行不良ではなく男性ホルモンと特定酵素を原因としている場合には、フィナステリドが一番効くと言うわけです。
ただ、脱毛や薄毛の原因を自分で特定すると言うのはなかなか難しいことです。
よりしっかりとした、効果の高い治療を行いたいのであれば、原因を特定するのは重要なことですから、気になる症状が出てきた場合には、速やかに専門医に相談することが求められます。

フィナステリドは使い続けないと意味が無い

フィナステリドはAGA治療に使用される医薬品の成分で、進行性の薄毛を抑える効果があります。
AGAは男性型脱毛症とも呼び、頭頂部や前頭部の生え際、またはその両方の毛が抜けていく症状で、原因は頭部に高密度で見られるDHTと呼ばれる悪性の男性ホルモンとされています。
DHTは男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びつくことで生成され、毛乳頭細胞の中にある男性ホルモン受容体と結合することでヘアサイクルを狂わせます。
フィナステリドはDHTが生成される物質のひとつである5α還元酵素を阻害することで、DHTの生成を抑制して乱れたヘアサイクルを正常に戻し、薄毛の進行を食い止めるという仕組みになります。
フィナステリド製剤を使用してAGAの治療をすると、すぐに効果は現れず、少なくとも6ヶ月は継続する必要があります。
いくら原因物質を抑えるからといっても、いきなり薄毛の進行を止めて、髪の毛が生えてくるわけではないので注意しましょう。
効果が現れるのはおよそ3ヶ月あたりで、この時点で脱毛が無くなっていくのを確認でき、6ヶ月から12ヶ月の間で目に見えて効果が現れてきます。
人によっては1~3年はかかることもあるので、気長に続けていくことが大切だとされます。
また、原因物質を抑えてもその分泌を止めているわけではないので、ある程度の効果が見られてからフィナステリドを突然止めると、リバウンドするように再び毛が抜けることがあります。
AGA治療をどこの時点で終了するかは、個々人の満足感などで変わりますが、突然使用を中止すると急速に脱毛が始まり元の状態に戻ってしまうので、少しずつ様子を見ながら飲む頻度を下げるようにしていかなくてはいけません。

フィナステリドの使用を止めてしまったら

フィナステリドは、もともと前立腺肥大症や前立腺癌の治療薬として使われてきましたが、投与していた患者に毛髪が濃くなる作用が出て改めて臨床検査をすると、AGAへの効果があることが分かり、1998年にアメリカの追って製薬会社から発売され現在世界60カ国以上で発売され、日本でも2005年から発売されています。
AGAというのは、毛髪が本来の通常3~6年と言うヘアサイクルよりは早く数カ月から1年で脱毛してしまう事です。
その原因は、男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)となり、このDHTが皮脂腺の受容体と結びつき毛穴をふさぐことにより始まります。
フィナステリドには、この5α還元酵素の活性を抑える作用がありますので、AGAに効果があらわれるのです。
今までの報告によると、個人差はありますが大体6カ月使用で薄毛の進行が止まり始め、3年使用で78%も人に発毛が見られ、20%の人に薄毛の進行が止まったと報告されています。
フィナステリドは1日1錠Imgを食前でも食後でもいいですから、決まった時間に飲むべきです。そう知ることで血中濃度が変わらずに維持できます。
しかしながら発毛がはじまったからとフィナステリドの服用をやめると、血中濃度が下がり大体1週間から10日で抜け毛が始まります。
フィナステリドの血中濃度が保てないわけですから、改めて5α還元酵素が活性を取り戻し、GHTの生産がはじまり、薄毛の進行が始まり、もとの髪の量に戻る場合もあります。
フィナステリドをのみはじめると、自分自身が薄毛でもかまわないと思わない限り、飲み続けないといけません。
ですから一生フィナステリドを飲むことになる可能性もあります。