女性がフィナステリドを使えない理由

フィナステリドは男性型脱毛症、AGAの治療に際して使用されることの多い成分です。元々は医療現場で使用されおり、男性ホルモンとそれに影響を及ぼす特定酵素に働きかける作用があるとされています。AGAは、男性ホルモンが受容体に結合することで発症します。そこで特定酵素が分泌されると、男性ホルモンは発毛や育毛を阻害する物質に変換されてしまうため、薄毛や脱毛が出てくると言うわけです。ですからフィナステリドを服用すると、こうしたメカニズムの発症を防ぐことが期待できるとされています。さて、AGAは女性にもあるとされており、女性の場合には、英語で女性を示す単語、FemalのFをとってFAGAと表現されることもあります。ただしだからと言って女性がフィナステリドを使用するのは厳禁です。女性の体内には、女性ホルモンだけではなく僅かながら男性ホルモンも分泌されています。そしてこれは、女性ホルモンの分泌量バランスを整えていたり、女性の体に対してとても大きな役割を果たしています。そのため女性がフィナステリドを使用すると、もともと少ない男性ホルモンが更に少なくなってしまい、その結果、健康や美容面において大きな影響が出てくることも考えられます。それから特に妊娠を目指している女性や、現に妊娠をしている女性は、フィナステリド配合の助剤の割れた欠片に触れることすら厳禁だとされています。これは女性の体に対しては勿論のこと、胎児に対しても影響が大きいためです。もし胎児が男児であった場合、母親の皮膚が触れてしまったフィナステリドの成分によって、その性器形成に影響が及ぶ可能性もあるとされています。このような理由があるため、女性がフィナステリドを使うことはできない、そして特に妊娠に関係している女性は、それに触れることすらできないとされているのです。

妊娠中の方がフィナステリドを使うと子供に問題が出る

フィナステリドはAGA治療に使用される成分で、薄毛の進行を抑制することから日本でも認可されています。ただし、使用できるのは男性のみで、女性や小児には使用が禁止されています。フィナステリドが作用するのは5α還元酵素に対してで、この酵素を阻害することで男性ホルモンのテストステロンからジヒドロテストステロン(DHT)に変性することを防ぎます。こうすることで、薄毛の原因となるDHTが男性ホルモン受容体に結合してヘアサイクルが狂うのを防ぎ、薄毛が進行していくのを抑制しますが、女性には男性ホルモンの分泌量が少なくあまり効果がありません。一時期は女性の薄毛治療としてフィナステリドを処方していたこともありますが、アメリカのFDAが女性の服用は副作用が出るばかりでなく、妊娠中では胎児に重大な影響が出ることを発表したことから、処方が取りやめられています。DHTは薄毛が進行する原因物質であり、悪性のホルモンであることから、無くなってしまえばいいとさえ思う人も多いようですが、男性器の成長と形成を担う重要な物質でもあります。そのため、妊娠中の女性のお腹の中に男児がいた場合は、フィナステリドを服用することでDHTの生成を阻害し、男児の生殖器に異常を起こす可能性があります。また、フィナステリドは皮膚から吸収する性質があるため、妊娠中の女性は触れることさえ禁忌とされます。フィナステリド製剤はコーティングされているので、本来ならば触っても吸収されることはありませんが、何かしらの理由でコーティングが剥がれていた場合は危険なため、万一の事態を回避するために、男性はフィナステリドを厳重に保管することが必要だと言われています。

フィナステリドは男性だけに効果がある薬と言える

男性型脱毛症の治療に用いられるフィナステリド。もともとアメリカで開発された薬に含まれている成分ですが、薄毛治療の切り札的な存在として、現在も多くの医療機関で使用されています。ただこのフィナステリドは男性の治療に限って用いられる成分です。女性や子どもに対しては使用することができません。女性が使用した場合は効果が見られないうえに、重篤な副作用がでる可能性があることが報告されているからです。
フィナステリドが女性に及ぼす副作用の代表的な例は、胎児への悪影響です。妊娠中の女性のおなかに宿る胎児が男児だった場合、フィナステリドの影響で生殖器に異常がでてしまう可能性があるのです。ですから女性がフィナステリドを服用するのはもちろん、錠剤に触れることすら禁止されています。錠剤に触れただけでも成分が皮膚から吸収される恐れがあるからです。したがって日本の医療機関において、女性の薄毛治療にフィナステリドが使用されることはありません。
このように女性には使用することのできないフィナステリドですが、最近は医療機関以外でも手に入れることが可能になっています。医薬品の個人輸入という手法を利用して、各種の薬を安く入手する人が増えているのです。フィナステリドは医療機関で処方してもらった場合、健康保険が適用されないため費用はすべて自己負担になります。薄毛治療にかかるお金が高額になるのを避けるため、このような個人輸入を利用する人が多いのです。
しかし女性には使えないだけでなく、薬であるからにはさまざまな副作用が存在します。安易な自己判断だけで使用するのは避けたほうがいいのは言うまでもありません。まずは医師の診断を受けてから利用するように心がけましょう。